スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の日

2009年10月09日06:50

昨日のチャー君が亡くなる前に書いたブログです。

「昨日の夕方から食事療法食も受け付けなくなってしまい、ぐったりとしてし
まったのでかかりつけの病院は休診日でしたが、せめて皮下補液だけはや
ってもらえるようにと行って来ました。

8月の下旬に血液検査をしたときは白血球が多いぐらいでその他の数値は
正常だったし、9月のはじめに下痢だったときは下痢止めの注射でよくなった
ので今回も一昨日の下痢止めの注射でよくなってくれると軽く考えていました
が、もう一度血液検査をしてもらいました。

結果は良くなかったです。肝臓も腎臓も。

お医者さんには3日ほど入院して更なる精密検査と点滴を進められましたが、
原因がわかっても体重が半分になってしまった体力で今後の治療に持ちこた
えることができるか,ただ苦しい思いをさせるだけではないかと思いとりあえず
お薬と1日おきに通院して皮下補液をすることにしました。

正直今後のことを考えると辛くてしょうがありません、ただ傍にいてやれるだけ
です。

ちょっと落ち込んでしまってコメントにご返事できないかもしれませんご了承くだ
さい。」

7時半に書き終わったので8時にアップするつもりでいました。

とりあえず書き終わったのでチャ?君の寝ている横でお腹をさすったりしている
と急に口から赤茶色の吐しゃ物を吐いてしまいました。一瞬吐血かと思いました
がよくみてみるとお昼にあげた食事療法食の消化されていないものでした。
一分間ほどでしょうか三回吐いた後、落ち着いたので寝床を変えてやり、口の周
りを綺麗にしている間に呼吸による胸のふくらみが徐々に小さくなって途絶えてし
まいました。

本当にあっという間でした。

朝はお水もあまり飲めないので脱水症状かぐったりしていましたが、午前中に皮
下補液をして脱水症状がなくなりお昼には意識がはっきりしてました。

IMG_0835.jpg

お昼に台風のニュースを見ながら食事療法食をあげましたがシリンジ半分でそれ以
上飲み込めませんでした。

午後は眠ったり起きたりを繰り返して、いつもより呼吸がちょっと早い感じでしたけれど
こんなに最後が近づいていたとは思いませんでした。

生前の最後の写真です。夕方5時です。
IMG_0844.jpg

コメントありがとうございます。お返事はもう少し落ち着いてからにします。

テーマ : 老犬介護
ジャンル : ペット

コメント

No title

おはようございます。気になつてしまい。アツプしました。我が家の姫も、最後の日はチャーくんと同じでした。その日は目をずっと開けて、眠らず、涙を何回もながしました。奥ふかいものを感じました。今日は,ずーっとそばにいてあげてください。

  • 2009年10月09日 08:11 |
  • ジャスミンホワイト URL :
  • 編集
No title

私はいつもうちのわんこに語りかけます
”一人ぼっちではいかないでね・・・・”
神様にはいつも ”モコが旅立つときには なるべく苦しむことのないように 
安らかに旅立たせてやってくださいね” と願います
チャッピー君は幸せだと思います
病院のベッドじゃなく 自分の匂いのある住み慣れた自分の家で
自分ベッドで 大好きな家族のもとで 眠るように旅立てたのですから
本当に本当に幸せなことなんだと思います
前に暮らしていたわんこは こちらも老衰でしたが 
急に具合が悪くなって病院に入院させた直後の明け方 
一人で息を引き取りました迎えにいったときは
まだ体が温かかったのを覚えています
連れて帰ればよかったと ひとりぼっちで知らない場所で
逝かせてしまったことを 今でも後悔しています

もう いつ旅立ってもおかしくないんだよね
今日いなくってしまうかもしれないんだよね
覚悟なんてしてもしきれません 大切な子を失った悲しみは
覚悟しててもしなくても同じなんだと思います
でも 一日一日 一緒に過ごせる今を大切にしよう 
今日も一緒にいてくれてありがとうね 
そういう気持ちは 長生きしてきた老犬ちゃんが
たくさんの幸せと一緒に与えてくれる大切なことかもしれません

ありがとう チャッピー君
チャッピー君のことを知ってから 短い時間だったけど
可愛い可愛いお顔をみせてもらって幸せな気持ちなれたよ
最後までちゃぴおさんと一緒にいられてよかったね
ちゃぴおさんに撫でてもらって安心だったね
お空の上ではあっという間に時間がすぎちゃうから
ちょっとお昼寝したら またちゃぴおさんに会えるよ 

ちゃぴおさん 介護お疲れ様でした
いつか チャッピー君の想い出を一緒に辿らせて
もらえたらうれしいです

改めてチャッピー君のご冥福をお祈りいたします
お空の上でも幸せでありますように

No title

ジャスミンホワイト さんへ

チャー君もいつもは涙やけで汚れていたのが最後の2日は涙やけがなく澄んだ涙を流していました。

胃の中のものも出して、おしっこもうんPも最後に自分で出してきれいな体で旅立って行きました。


クニゾーさんへ

そうですね、自宅で看取れたことはほんとうに良かったです。

自分で立てなかった時期が4ヶ月弱でやはり歩けないことはつらかったと思いますが、病気や床ずれによる苦痛がなかったのは幸いでした。

今思い返せばあの時こうしておけばよかった、こうしなければ良かった、など色々ありますが、自分としては悔いのない介護が出来たと思います。

クニゾーさんもモコちゃんを大切にしてあげてください。

  • 2009年10月09日 13:46 |
  • ちゃぴお URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。