スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャー君のお友達

2009年11月11日11:11

チャー君が5歳のときまで実家の豊島区で暮らしていました。

周りに犬を飼っていた家が少なかったのか、散歩をしていても他のワンコ
と会うことが少なかったです。

初めてお友達になったワンコは上池袋の癌研の前の材木屋さんの番犬の
ラッキー君でした。チャー君より一回り大きい日本犬系の白ミックス犬で、チ
ャー君がまだ乳歯のとんがった歯でじゃれ付いてくるのを嫌がりもせずに我
慢して遊んでくれました。

それから大塚駅前の不動屋さんの白柴のラブちゃん。
チャー君がお店の前に行くとラブちゃんは自動ドアを自分で開けてお出迎え
してくれました。
残念なことにラブちゃんは知り合って1年後くらいに若くして病気で亡くなって
しまいました。

チャー君が来てはじめての春に、たしかゴールデンウィーク中だったと思うの
ですが、池袋へ行く用事がありふだんは電車で行くのですがあまりにいい天
気だったのでチャー君を連れて散歩がてらに行ってみました。

帰る途中に雑司が谷霊園の中を通って見ると、ある一角がやけに賑やかで
何をやっているのか行ってみると、ワンコが十数匹と飼い主さん達が居ました。

はじめは犬の品評会でもやってるのかと墓石の間から遠巻きに見ていました
が、チャー君が興味ありげに近づいて行くと、リーダーと思しきワンコがやって
きてチャー君の匂いをクンクン、さすがにチャー君も少し固まっていましたがす
ぐにお仲間に入れてもらうことが出来、めでたく雑司が谷ワンちゃんの一員に
成れました(いわゆる公園デビューですね)。

それからは毎朝と休みの日の夕方は雑司が谷霊園へ行くのが日課になりまし
た。

こちらに引っ越すまでの4年間雑司が谷ではたくさんのお友達と出会いました。それでは
次回に。


写真はその年の冬チャー君が1歳半頃、雑司が谷霊園のいつもの遊び場です。
IMG_0452.jpg



IMG_0453.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。